海外旅行は荷物が多くなりがちです。
飛行機での移動時間がかかると、とどうしても荷物が多くなってしまいます。
あれもこれも持って行こうとすると膨大な荷物の量になってしまうので、あると便利な持ち物を紹介します。

1つ目は「スリッパ」です。
海外のホテルではスリッパがついていないことが多く、飛行機の移動中に靴を脱いでくつろぎたい場合にも便利です。

2つ目は「替えの靴」です。
滞在日数が多い場合はかさばらないタイプの靴をスペアとして持っていくのがおススメです。
押しつぶしても安心なスニーカーやペタンコ靴を持っておくと、交互に履けて足を清潔に保て、気分転換できます。

3つ目は「歯ブラシ」です。
海外のホテルでは歯ブラシがついてないことが多いので、使い慣れた歯ブラシを持っておくのをおススメします。
お口を清潔に保てます。

4つ目は「リップクリームなどの保湿用品」です。
飛行機やホテルは思っている以上に乾燥しますので、リップクリームや保湿用品があると何かと安心です。
保湿用のクリームやマスクなどがあると機内やホテルで快適に過ごせます。
自分の好きなクリームを持っていけばリラックス効果もあります。

5つ目は「サングラス」です。
海外の日差しは日本とは比べ物にならないくらい強いです。
ビーチリゾートに行く場合やレンタカーでドライブする場合は必須アイテムです。
安全のためにも持って行くことをおススメします。

6つ目は「折りたたみ傘」です。
日本の折りたたみ傘は軽量でコンパクトなので、海外の折りたたみ傘は重たくて大きいものが多く、品質の良い傘が少ないので、是非持っていって欲しいアイテムです。

7つ目は「ウェットティッシュやポケットティッシュ」です。
海外では手を洗う場所に必ず石鹸がついてるとは限りません。
そういった場合にウェットティッシュがあると安心です。
また、海外のトイレは紙がついてないことも多いのでポケットティッシュも持っておきたいアイテムです。

状況によって必要なものとして、夏に海外旅行に行く際は薄手の長袖があると便利です。
海外は冷房をガンガンにきかせているので羽織り物がないと体調を崩してしまいます。
中と外の温度差も大きいので調節のためにも夏場は持っておきたいアイテムです。

また、緊急連絡先を書いたメモやパスポートや身分証明書のコピーも欠かせません。
海外でもスマホは使えますが、いざという時に慌てないように、日本大使館の電話番号、海外旅行保険の連絡先、クレジットカード会社の連絡先は最低でもメモしておくと良いです。
普段持ち歩かないスーツケースにパスポートやクレジットカードのコピーを入れておくと万が一紛失してしまった場合に慌てるリスクを減らします。