現在のベネズエラの治安はとても悪く旅行に適さないようなことが書かれています。
かなり昔のことだですが、ギアナ高地に行きたくてベネズエラを旅行したことがある。

空港に着いたのが、深夜になってしまい、空港で朝まで過ごしてから、カラカスへ行こうかと思っていると、隣に座っていた女の人にどこか安いホテルを知らないかと聞いたところ、その人は自宅近くに知っているというので連れて行った貰うことにした。

タクシーをシェアして向かったところ、空港はカラカスから離れた海の近くにあって、段々山道を登っていくのがわかったが、カラカスは山を一つ越えた盆地あるのだ。
途中暗闇の中を進むと山肌一面に光が見え始めた、正体は山の斜面にへばりつく様に建っている無数の民家だった。
そして、無数の高層建築が現れてとても幻想的だったことを覚えている。

彼女の案内でやって来た繁華街というよりは住宅地にあるホテルだが確かに表にはHOTELの表示があり、料金を聞いても安かった。決める前に部屋を見せてもらったが、TV、エアコンは無しだがここは高地なので必要ない、キングサイズのベッド、シャワールームとトイレ付き。気に入ったので取り敢えず一泊分払った。

後日気づいたがそこはラブホテルだったようだ。数日泊まっていると段々分かってくるのだが、カップルばかりがやって来るし、時間貸ししているし、TVのチャンネルを変えるとAVが流れていたりと。しかし、数日過ごすとホテルのスタッフの人たちと仲良くなってきて洗濯機を使わせてくれたり、お昼や夜にご飯をごちそうになったりと居心地が良いので結局2週間ほど滞在した。カラカス滞在中はいろいろなことがあった、警官が悪いとは聞いていたが、そんなに身なりが怪しかったのだろうか、歩いていてもよく職務質問をされるし、巧妙な手口でさしたる金額ではがないがお金を抜かれたこともある。

夜に、近くへご飯を食べに行った時も近くだからと旅券を持たずに行ったら、そういう時に限って警官に止められて身分証明書不携帯で2時間近く拘束されたりとか、カラカスではいろいろありました。

その後、ギアナ高地へ行ったのですが、ここは良かったですね、お勧めの場所です。エンジェルフォールの滝を見るのが目的だったが、ボートで途中まで行って、そこからトレッキングして滝へと向かう間の景色が最高でした。色々あったおかげで今でも当時の記憶がはっきりと印象深く残っているのだと思いますね。